旬の魚を
美味しく味わっていただきたい・・・
そんな想いから、
魚屋から始まった当館は割烹となり、
ゆっくりお過ごしいただけるよう
「御宿割烹」 となり、今に至ります。

その昔、庶民には生魚が中々行き渡らなかった背景から生まれた名物「頭料理」をはじめ、心を込 めた旬の新鮮な魚を使った料理をお作りしています。

竹田にお越しの際は、
一竹の料理をぜひご堪能ください。

頭料理(あたまりょうり)

 名曲「荒城の月」の曲想を滝廉太郎が得たと言われる天下の賢聖岡城は、竹田市の東に今もその城跡を残しています。
 阿蘇、久住、祖母、傾などの山々に囲まれた小さな城下町竹田は、遠く海から離れた町ゆえ、故郷の料理「名物頭料理」を今も残しています。

 頭料理の由来は定かではありませんが、岡藩主中川久清治政の頃(1615〜1681)と伝えられています。その頃の交通機関は、尾根伝いに物産を運ぶ馬だけで、隣国臼杵藩から60キロも離れた竹田まで馬の背に運ばれてくる魚介類は、どんな新鮮な品物でも大部分が痛んでしまい、生のまま食用できないことが度々で、少量の魚では人々の口に行き渡りませんでした。

 こうした環境の中から、生活の知恵として生み出されたのが、一般には捨てる魚の頭、内臓などあらゆる部分を利用して食膳に供するようになった頭料理であります。
 材料としてはニベ、アラ、ハタ、クエ、マス、などの白身位の魚で、特に良い品はマニベで、真子(卵)をもっているもの、時期は十月から四月頃が最も美味で、魚は大型のもの(10キロから60キロ)が最適です。

調理法

腹肉、上アゴ、下アゴ、内アゴ、首付肉、頰肉、肝臓、胃袋、大腸、薄皮、厚皮、エラ、真子、白子、正身、
何れにしても切り方、湯引き方がすべて異なり、味を左右する重要なポイントになります。
野菜に、もやし、蓬蓮草、みょうが、針しょうが、うど、きゅうり、ワカメなどをあしらい、三杯酢、当地方の特産「かぼす」を使用します。
酒の肴には好適なため、当地方では特に冠婚葬祭に多く用いられております。

会席料理

プランやご予算に応じてその時の旬な食材を中心に手作りにこだわってお作りしています。
竹田の四季の味わいをお楽しみください。

ご夕食一例

ご夕食一例

朝食一例

ご朝食は、和朝食、洋朝食をお選びいただけます。
老舗の割烹旅館ならではの朝食をお楽しみください。

朝食一例

ご宴会・法要のご案内

御宿割烹 一竹のお得な宿泊プランはコチラ

このページの先頭へ戻る▲